第18回「柳家小太郎」さんの回、ご予約で満席です。現在はキャンセル待ちのご予約となります。

『くがらくリターンズ』第2弾。2019年6月、「くがらく」に柳家小太郎さんが帰ってきます!そもそもリターンズ企画、誕生の発端は前回の小太郎さんの回(第13回)での「くがらくでは、一度呼ばれたら二度と呼ばれない!」という一言もきっかけです。そんなこんなで小太郎さんへ二度目のオファー。売られた喧嘩(?)をくがらく側が買った形になっております(笑)。二度目のオファーと言う名の挑戦状を叩きつけられた小太郎さんの高座には否が応でも期待が高まります。どうぞ、お楽しみに。ご予約受付中です。(3月中にインタビューも行う予定です。記事公開まで、いましばらくお待ちください)


〔日 付〕 2019 年 06月29 日(土)

〔時 間〕 開場18:30 /開演19:00( 1時間30分ほど。二席⇒お仲入り⇒一席、終演予定は21:00前後です)

〔出 演〕次回お招きするのは柳家小太郎さんです。

  • リクエストによる「再登場(リターンズ)」企画の第2弾です。
  • 落語家さんにも個性があります。自分を愛する人、ネタを愛する人、笑いを愛する人。小太郎さんは恐らく「落語(そのもの)を愛している人」だと思っています。小太郎さんの高座を聴けば初めて落語を聴く人は落語が好きになり、落語好きな人は落語が大好きになる。そんな人だと思っています。6/29(土)久が原で、みんなで笑いましょう!大勢様からのご予約、お待ちしております。

〔会 場〕 久が原会館 2階(大田区久が原2-7 -17) ※  こちらが会場地図になります

  • 玄関でスリッパ(備え付け)に履き替えていただき、2階(受付)へお上がりください。玄関が靴であふれることが予想されます。コンビニ袋などにご自分の靴を入れて会場に上がっていただくとスムースかもしれません。なお、靴袋はお客様ご自身でご用意ください。
  • すべて椅子席です(ムトウユニパック社製「エコ座布団」付き)/冷暖房完備
  • 男女別トイレ(1階と2階それぞれに完備)
  • 受付の際、あずき飴を差し上げています。
  • なお、久が原会館の中には自動販売機がございません。飲み物が必要な方は途中でお買い求めの上、ご来場ください。

〔交 通〕 東急池上線 久が原駅 ライラック通り 徒歩12分

  都営浅草線 西馬込駅 徒歩18分

  東急バスを使ってもお越しいただけます。次の2つの路線が使えます。

  (1)蒲12系統 蒲田駅~田園調布駅  (2)森04・森05系統 大森操車所~池上駅前・洗足池

  停留所名はともに「久が原出世観音」。バス停から徒歩1~2分です。

〔木戸銭〕 1,500 円(当日、2階の受付にてお支払ください)

〔ご予約・お問合〕 くがらく 090-4824-9243 留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます

 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com



主催:久が原落語友の会  後援:大田区


地域と笑いと健康と

 ■くがらくは、落語や講談といった日本の古典芸能・伝統芸能に触れて、勉強・研究する会です。

■寄席や演芸場に行ったことのない方、都内へ出かけるのが難しい方などでも、地域に居ながらにして伝統芸能に触れ、横のつながり・縦のつながりといったいろいろな交流が生まれ、結果、街が元気に、コミュニティが活性化すればよいと考えています。

「くがらく」とは

■もともとは、東京都大田区久が原に住む落語好き有志たちが集まって「落語会できないかな?」という思いから生まれました。

■「くがらく」は、“久が原の落語会”という地名が由来であると同時に、『落語を聴けば苦が楽になる。笑ってハッピーに過ごそうよ』という願いも込められています。

■笑いは脳の活性化、心の健康にもつながると言われています。

お問い合わせ

 ■「くがらく」へのお問い合わせ・ご予約などは、こちらからどうぞ

■「うちの近所でも落語会、開いてくれない?」「自分で落語会を主催してみたいんだけど」等、地域活性・落語に関するご相談・お問い合わせも、どうぞお気軽に。

■広告出稿等協賛していただける企業・お店の方々を募集しております。運営をお手伝いいただける仲間も随時募集中です。