第12回「古今亭志ん八」さんの回 ご予約受付中!

次のくがらくは2017年7月29日(土)開催です。お招きするのは古今亭志ん八(ここんてい・しんぱち)さん。真打昇進直前、志ん五襲名直前という「志ん八」名義での残り少ない貴重な高座の目撃者になってみませんか。志ん八さんへのインタビュー全5ページ公開中。じっくりお読みいただき、ぜひ「くがらく」へおいで下さい。ご予約は絶賛受け付け中です。お電話でもメールでも受け付けております。お気軽にご連絡ください。



〔日 付〕 2017 年 7 月29 日(土)

〔時 間〕 開場18:30 /開演19:00( 1時間30分ほど。二席⇒お仲入り⇒一席の予定です)

〔出 演〕今年9月、真打に昇進予定なのが、今回お呼びする志ん八さん。真打ち昇進と同時に前師匠の名跡(※) 「志ん五」襲名が決まっており、7月末のくがらくは “志ん八”名義としての残り数少ない貴重な高座になります。古典落語も新作落語も、どちらもお演りになる実力者。もしかすると新作派のイメージが強いかも知れませんが、ところがどうして古典の上手さにも大変な定評があります。真打直前のこの時期、勢いと脂が乗りに乗った爆笑高座をお楽しみください。

 ※最初は、古今亭志ん五師匠に入門。志ん五師没後、古今亭志ん橋師匠門下に。

〔会 場〕 久が原会館(大田区久が原2-7 -17)  ※  こちらが会場地図になります

  すべて椅子席です/冷暖房完備/男女別トイレ(1階と2階それぞれに完備)

〔交 通〕 東急池上線 久が原駅 ライラック通り 徒歩12分

  東急バスを使ってもお越しいただけます。次の2つの路線が使えます。

  (1)蒲12系統 蒲田駅~田園調布駅  (2)森04・森05系統 大森操車所~池上駅前・洗足池

  停留所名はともに「久が原出世観音」。バス亭の目の前です。

〔木戸銭〕 1,500 円

〔ご予約・お問合〕 くがらく 090-4824-9243 留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます

 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com

 

※当日終演後は希望者の方と、志ん八さんを囲んで打ち上げを予定しております。木戸銭とは料金が別となります。詳細はご予約時にお問い合わせください。


志ん八改メ 二代目古今亭志ん五 真打昇進襲名披露興行 チケット販売中。特製プレゼント付き

■鈴本演芸場 夜の部

9月24日(日)/9月26日(火)/9月29日(金)

 

■新宿末広亭 夜の部

10月2日(月)/10月5日(木)/10月7日(土)

 

■浅草演芸ホール 昼の部

10月12日(木)/10月15日(日)/10月17日(火)/10月20日(金)

 

■池袋演芸場 昼の部

10月21日(土)/10月23日(月)/10月27日(金)

 

■国立演芸場 昼の部

11月1日(水)/11月4日(土)/11月6日(月)/11月9日(木)

 

上記、披露興行チケットをご購入いただいた方には「二代目古今亭志ん五特製オリジナルステッカー」のプレゼント付き!(でめきん/たい/まぐろの全三種類。画像は、でめきんです。イラストは「ちろ」さんの作品)。興行チケットをお求めの方は、こちら、志ん八さん宛てにメールでご連絡をお願いいたします。 



主催:久が原落語友の会  後援:大田区


地域と笑いと健康と

 ■くがらくは、落語や講談といった日本の古典芸能・伝統芸能に触れて、勉強・研究する会です。

■寄席や演芸場に行ったことのない方、都内へ出かけるのが難しい方などでも、地域に居ながらにして伝統芸能に触れ、横のつながり・縦のつながりといったいろいろな交流が生まれ、結果、街が元気に、コミュニティが活性化すればよいと考えています。

「くがらく」とは

■もともとは、東京都大田区久が原に住む落語好き有志たちが集まって「落語会できないかな?」という思いから生まれました。

■「くがらく」は、“久が原の落語会”という地名が由来であると同時に、『落語を聴けば苦も楽になる。笑ってハッピーに過ごそうよ』という願いも込められています。

■笑いは脳の活性化、心の健康にもつながると思っています。

お問い合わせ

 ■「くがらく」へのお問い合わせ・ご予約などは、こちらからどうぞ。

■「うちの近所でも落語会、開いてくれない?」「自分で落語会を主催してみたいんだけど」等、地域活性・落語に関するご相談・お問い合わせも、どうぞ、お気軽に。

■広告出稿等協賛していただける企業・お店の方々を募集しております。運営をお手伝いいただける仲間も随時募集中です。