第11回「三遊亭歌太郎」さんの回 ご予約受付中!

次のくがらくは2017年4月22日(土)に、三遊亭歌太郎さんをお招きして開催いたします。ご予約はお電話でもメールでも受け付けております。大好評の演者さんインタビュー記事・歌太郎さんのロングインタビューも公開中!ぜひ、お読みください。当日の高座が数倍(?)楽しくなりますよ。



〔日 付〕 2017 年 4 月22 日(土)

〔時 間〕 開場18:30 /開演19:00( 1時間30分ほど。二席⇒お仲入り⇒一席の予定です)

〔出 演〕ついに、地元・大田区出身の噺家さんをお呼びすることに!それが三遊亭歌太郎(うたたろう)さん。2013(平成25)年「第23回北とぴあ若手落語家競演会」大賞(=第1位)を受賞した明るく元気な実力派(ちなみに前回お呼びしたさん若さんは25回の大賞受賞者)。その他にも、第3回池上落語会大賞、NHK新人落語大賞入賞など、ここ数年の勢いと活躍には目を見張るものがあります。今後要チェックの噺家さんです。くがらくとしては初の“三遊亭”の噺家さん。圓生、圓朝、圓歌といった名人の流れを汲む三遊亭二つ目のホープ。インタビューの最後には「笑わせます!必ず。耐えられるものなら耐え抜いてごらんなさい(笑)」というお客様へのメッセージ(挑戦状?)をいただいています。ぜひご参加いただき、歌太郎さんと勝負してみませんか。ご予約お待ちしております。今年は断然、ピコ太郎より、歌太郎ですよ!

〔会 場〕 久が原会館(大田区久が原2-7 -17)  ※  こちらが会場地図になります

〔交 通〕 東急池上線 久が原駅 ライラック通り 徒歩12分

  東急バスを使ってもお越しいただけます。次の2つの路線が使えます。

  (1)蒲12系統 蒲田駅~田園調布駅  (2)森04・森05系統 大森操車所~池上駅前・洗足池

  停留所名はともに「久が原出世観音」。バス亭の目の前です。

〔木戸銭〕 1,500 円

〔ご予約・お問合〕 くがらく 090-4824-9243 留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます

 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com

 

※終演後は希望者の方と、歌太郎さんを囲んで打ち上げをします。木戸銭とは料金が別となります。場所は久が原駅近くの小料理屋「さより」です。小さなお店なため人数には限りがあります(20数名程度)。ご希望の方は、お早めにお申し込みください。



主催:久が原落語友の会  後援:大田区


地域と笑いと健康と

 ■くがらくは、落語や講談といった日本の古典芸能・伝統芸能に触れて、勉強・研究する会です。

■寄席や演芸場に行ったことのない方、都内へ出かけるのが難しい方などでも、地域に居ながらにして伝統芸能に触れ、横のつながり・縦のつながりといったいろいろな交流が生まれ、結果、街が元気に、コミュニティが活性化すればよいと考えています。

「くがらく」とは

■もともとは、東京都大田区久が原に住む落語好き有志たちが集まって「落語会できないかな?」という思いから生まれました。

■「くがらく」は、“久が原の落語会”という地名が由来であると同時に、『落語を聴けば苦も楽になる。笑ってハッピーに過ごそうよ』という願いも込められています。

■笑いは脳の活性化、心の健康にもつながると思っています。

お問い合わせ

 ■「くがらく」へのお問い合わせ・ご予約などは、こちらからどうぞ。

■「うちの近所でも落語会、開いてくれない?」「自分で落語会を主催してみたいんだけど」等、地域活性・落語に関するご相談・お問い合わせも、どうぞ、お気軽に。

■広告出稿等協賛していただける企業・お店の方々を募集しております。運営をお手伝いいただける仲間も随時募集中です。