姫様、義太夫語り、兄貴と弟分、講釈師。客席を転がす、目くるめく“こみち落語”。

柳亭こみち:「姫と鴨」
柳亭こみち:「豊竹屋」
-お仲入り-
柳亭こみち:「くしゃみ講釈」


くがらく史上初の大入り満員。ありがたいことです。70名近いお客様で会場はいっぱいになりました。

高座の冒頭。くがらくインタビューでの「どういう噺家さんになりたいですか?」という質問に対する回答

  大きく言うと3つあります。一つは古典落語を真っすぐやってお客様に聴いてもらえるという噺家。奇抜な何かをやることなく、まっすぐ古典をやってお客さん がちゃんとその噺の中に入ってくれて、(なるほど。こみちさん古典落語をやる時はこういう風にやるんだな)ってその情景も見えて、その登場人物としてお客 様に見ていただけるという。もう一つは自分が生きていく上で、食べていくための切り札、さっきも言いました“飛び道具”的なネタをちゃんと持っていて、臨 機応変に、そのカードを切れる噺家。三つ目は(男性がやると成立しない)女性にしかできない噺(古典風新作とか)を開拓していく噺家。この3つです。

ということから、「それぞれ一席ずつやります」と、宣言してのこみちさん。インタビューとシンクロさせていただけるなんて、ありがたいです。

 

小噺2つ、小三冶師匠一門の話をやりながら探り探り、切ってきた最初のカードは「姫と鴨」。これ は“(男性がやると成立しない)女性にしかできない噺”に該当しますね。得意ネタで、お客様のハートをぐっと掴みに来ましたようで。

こちらは、三遊亭白鳥師匠による「目黒の秋刀魚」がベースの改作。こみちさんがそれに手を加え、足を加え、自分のものに仕上げているそうです。

お姫様・千代姫が野がけに出かけて、鴨の南蛮焼きを生まれて初めて口にして…という物語。はきはきした口調、凛とした所作。まさに、かわいらしくも偉そうな 千代姫様と、彼女を魅了する大変“美味しそうな鴨の南蛮焼き”が高座に出現。香ばしい匂いと湯気がはっきりと見えました。

カで始まって、モで終わる食べ物。噛み砕いたタロイモ、関西人のふともも。みんな大笑い。お客様も楽しそうです。


二席目は「豊竹屋」。こみちさん言うところの“飛び道具的なネタ”に属する噺ですね。

この手の歌い、節が入る噺「音曲噺」は、もう“こみちワールド”、こみちさんの真骨頂。惹きこまれます。女性で、ここまで音曲噺を操る人はいないのでは。いい声だし、いいオーラ。歌声がからだに纏わり付いて、聴かせる聴かせる。高い声が出ないと無理な噺ですからね。

個人的に古今亭志ん輔師匠の「豊竹屋」を彷彿とさせました。想像ですが、志ん輔師匠に教わったのではないでしょうか。

前半の言い立ての部分、口三味線の男・花林胴八(かりん どうはち)が登場する直前の部分、朗々とした独り語りでは寄席なら確実に、お客様から中手(拍手)が飛んでいます。「くがらく」ご来場のお客様は、そうい う習慣になれていないので中手は入りませんでしたけど。みなさん、食い入るように聞いていました。

豊竹屋節右衛門と花林胴八が徐々にセッションしていく場面も、お見事。流石です。

終わりまでテンポよく一気に畳みかけ、サゲを行った瞬間、客席からは大きな拍手と、「おお!」という歓声、ため息にも似た声が漏れました。

お仲入りを挟んでのトリネタは「くしゃみ講釈」。“真っすぐな古典落語”の部類ですね。

個人的には「寝床」と思いましたが、二席目の「豊竹屋」とツイちゃうんでしょうか。義太夫(豊竹屋)と、講釈師(くしゃみ講釈)はOKなのでしょうか。くがらくとしては、どちらでも構いません。楽しければ。

町内の兄貴と弟分も上手いんだ、こみちさん。男っぷりがいい。切れの良い口調、ぽんぽんと進む会話。抜けている弟分の抜けっぷりと、それに突っ込む、兄貴の江戸っ子口調がたまらないコントラスト。

「小姓の吉三(こしょうのきちざ)」⇒胡椒 を思い出すまでのくだりは聞かせますね。ただ単に騒々しいのではなく、愉快で楽しい。ちんどん屋みたいに「八百屋 お七」を歌いだし、意図せず店先に見物客を集めてしまう弟分。会場にお越しのお客様が野次馬で集まってきた見物客に見えました。

講釈の部分も聞かせます。上手いから、ここで客席はただ聞くのみ。中手が飛んでもおかしくないくだり。

きれいにサゲて、大団円。

女性であること消すのではなく、女性であることをしっかり抱えながら、落語に勝負を挑む姿勢。そしてきっちりを結果を残す(お客様を楽しませる)。自分に厳しく、お客様に優しい。柳亭こみちさん、お呼びしてよかったです。ありがとうございました。 

(文責:くがらく編集部)



※おかげさまで、定員に達しましたので、現在はキャンセル待ちとさせていただいております。

 

〔日 付〕 2016 年 3 月12 日(土)
〔時 間〕 開場18:00 /開演18:30( 1時間30分ほど)

〔出 演〕 柳亭こみちさん(2~3席)
〔木戸銭〕 1,000 円
〔会 場〕 鵜の木八幡神社(大田区南久が原2-24 -1) 客席数(イス席)は、最大で60名ほどですので、できるだけ、事前にご予約いただけると助かります。会場には暖房・床暖房があります。寒さ対策は万全です。
〔交 通〕 東急池上線 久が原駅・多摩川線 鵜の木駅 ともに徒歩7分


〔ご予約・お問い合わせ〕 久が原落語友の会
 090-4824-9243(留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます。)
 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com

 

※終演後は希望者の方とこみちさんを囲んで打ち上げをします。木戸銭とは料金は別になります。場所は、神社近くの小料理屋「さより」です。小さなお店なため、人数には限りがあります(20数名程度)。ご希望の方は、お早めにお申し出ください。

 ※終演後の打ち上げは、申し込み人数が定員に達しましたので、締め切りとさせていただきます。