That's小痴楽、THE小痴楽な贅沢な3席。満場の客席を自分の世界に一気に引き込み、笑わせて気持ちよくさせて。

柳亭小痴楽:「のめる」
柳亭小痴楽:「明烏」
-お仲入り-
柳亭小痴楽:「佐々木政談」

第6回(こみちさんの回)以上の大入り満員。予備の椅子の、さらにまた追加の椅子を引っ張り出してきての80名近いお客様で会場はいっぱい。小痴楽さん人気のすごさを身をもって感じました。

楽屋で根多帳を見てくれたのでしょう。前回のこみちさんの話から、高座はスタート。燕路師匠に優しくしていただいたエピソードなどから、1席目は「のめる」。

 「いっぺぇ、呑める」が口癖の男と、「つまらねえ」が口癖の男の噺。軽い噺ですが、小痴楽さんが好きなテイストの噺だけに、建具屋の半公が高座で躍動するわするわ。この手のイキのいいネタは小痴楽さんの生命力が、観客にもびんびん伝わってきます。

二席目は「明烏」。これも小痴楽さんの得意ネタ。どうやら、くがらくのお客さん(落語をそんなに多く聞いているわけではない方が多い)に向けての挨拶代わりの回にしてくれる模様です。実際、トリネタも「佐々木政談」でしたし。

多くのアンケートにも書いていただいていたように、小痴楽さんの「明烏」。ポイントはひ弱だけど色っぽい若旦那(時次郎)と、マゾっけたっぷりな源兵衛と多助。このコントラスト。くっいりと描かれたキャラと噺の運びに、会場のお客様も笑ったり、ため息ついたり。

「どうだ!俺が小痴楽だ!」の“THE小痴楽”“ザッツ小痴楽”の高座、最後は「佐々木政談」。くがらくのチラシの裏面にあった「くがらクイズ」にも出てきた「佐々木政談」は、小痴楽さんが敬愛する柳家三三師匠から教わった大ネタ。

お奉行ごっこに興じる子供になったり、親になったり、町役人になったり、町奉行・佐々木信濃守になったり。登場人物も多く、力量がないとおいそれとはできない難しい噺のひとつです。

お客さんが背景や情景、シーンを想像できるように話してくれないと落語は楽しめません。お客さんとの協働作業ですよ、とはよく言われますが、噺家さんの力が試されるのも、また事実。

次々と目の前に現れる、こまっしゃくれた洟垂れ小僧や、粋な町奉行。その世界にどんどん引き込まれていきます。“ザッツ小痴楽ワールド”。

万来の拍手に包まれて高座を降りた後も、延々と続くお帰りのお客さんの列にご挨拶を重ねる小痴楽さん。本当にありがとうざいました。

(文責:くがらく編集部)



〔日 付〕 2016 年 5 月28 日(土)

〔時 間〕 開場18:00 /開演18:30( 1時間30分ほど)

〔出 演〕 柳亭小痴楽さん(2~3席)
〔木戸銭〕 1,000 円
〔会 場〕 鵜の木八幡神社(大田区南久が原2-24 -1) 客席数(イス席)は、最大で60名ほどですので、できるだけ、事前にご予約いただけると助かります。会場はきれいな社務所です。絨毯敷きの広間で行います。
〔交 通〕 東急池上線 久が原駅・多摩川線 鵜の木駅 ともに徒歩7分


〔ご予約・お問い合わせ〕 久が原落語友の会
 090-4824-9243(留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます。)
 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com

 

※終演後は希望者の方と小痴楽さんを囲んで打ち上げをします。木戸銭とは料金は別になります。場所は、神社近くの小料理屋「さより」です。小さなお店なため、人数には限りがあります(20数名程度)。ご希望の方は、お早めにお申し出ください。

 ※終演後の打ち上げは、申し込み人数が定員に達しましたので、締め切りとさせていただきます。