久が原近隣・池上線沿線住民を翻弄。この日のために生まれたと言っても過言ではないネタで爆笑の渦に巻き込んで。最後にはほろりとさせて。

古今亭駒次:「鉄道戦国絵巻」

古今亭駒次:「ビール売りの女」

-お仲入り-

古今亭駒次:「公園のひかり号」

 

 

超大入り満員の中、駒次さんはネタだしをお願いしていました「鉄道戦国絵巻」を最初にかけてくださいました。もうウケるのなんのって。ここまで久が原地区・東急池上線のためにつくられたような噺は、そうそうありませんから。思惑通り、大笑いの連続です。

 

駒次さんも喜んでくれたのでしょうか。それとも、予想を遥かに超えるお客様の好反応に面食らったのでしょうか。普段の高座よりもテンションが高めのような気がしました。なぜって、少々、早めの口調とテンポでしたから(苦笑)。一番おいしいところで、少しとちるというおまけつきでしたが、そこすらも爆笑に変えてしまいました。さすがです。

 

二席目は「僕は鉄道落語だけじゃないっですよ」という守備範囲の広さ、持ちネタの領域の豊富さを伝えるとばかりに、「ビール売りの女」。これも駒次さんらしい新作落語の一つ。現実と、ちょっとずれた不思議な世界が交差するユーモアあふれる一作です。ドラマチック。「まるで映画(ドラマだったかな?)を観ているよう」とどなたかが帰りがけに感想をもらしていましたが、まさにそんな気持ちになるから、聞いている方も不思議です。

 

しかし、よくもまぁ、こんなヘンテコな(褒め言葉ですよ!)ストーリが考え付くものです。新作落語を自分で考えている噺家さんってすごいです。

 

お仲入りを挟んで、(最後はなにをかけてくれるのかな?)と思っていると、なんと「公園のひかり号」でした。お客様の多くは、この噺を初めてお聞きになる方々でしょう。ストーリー展開をしっている我々は内心(最初はみんな、大笑いの喜劇だと思うんだよなぁ。でも実際は…。ふふふ、聞いて驚くぞ)と思いながらバックヤードに。

 

案の定、前半は駒次さんの掌の上で笑うお客様たち。次第に、お客様の心の声が聞こえてくるようです。(おや?)(あれれ?)(どういうこと?)。徐々にハートを鷲掴みにされていくお客様たち。(たぶん、そうだったことと思います。そうに違いありません)。

そして仕舞には…。

 

駒次さんの緩急をつけた高座に、笑って、ジーンときて、ほろりときて。まさに駆け巡る駒次ワールドに翻弄された形で、満足顔のお客様たち。駒次さんをお呼びして良かったな、無事終了してよかったなと思い、後片付けに入りました。(反省点も多々抱えつつ)

 

実は、最後の高座を降りてきた駒次さん。「(トータルの高座時間が)短くありませんでしたか?お客様、満足していただけたでしょうか。最後にお客様と質疑応答タイム、しましょうか?」と声をかけてくださっていたんです。

 

すでにスタッフが終わりの挨拶をしはじめたところだったので、叶いませんでしたが、(なんて優しいんだ!駒次さん!)と思ってしまいました。駒次さん、ありがとうございました。

(文責:くがらく編集部)


〔日 付〕 2016 年 7 月30 日(土)

〔時 間〕 開場18:00 /開演18:30( 1時間30分ほど)

〔出 演〕 古今亭駒次さ ん。久が原に縁のある駒次さん(詳しくは、追ってホームページに掲載するインタビューにて)。駒次さん作の新作落語を3席演っていただきます。なお、そのうちの1席は地元・久が原ではお馴染みの路線・東急池上線が大 活躍?する楽しい創作落語『鉄道戦国絵巻』です。とっても楽しい人気の噺です。これだけでも一見(一聴)の価値があります。どうぞ、お楽しみに!
〔木戸銭〕 1,000 円
〔会 場〕 鵜の木八幡神社(大田区南久が原2-24 -1) 客席数(イス席)は、最大で60名ほどですので、できるだけ、事前にご予約いただけると助かります。会場はきれいな社務所です。絨毯敷きの広間で行います。トイレ(男女別)/冷暖房も完備しております。
〔交 通〕 東急池上線 久が原駅・多摩川線 鵜の木駅 ともに徒歩7分


〔ご予約・お問い合わせ〕 久が原落語友の会
 電話 090-4824-9243 (留守電の際は折り返し、ご連絡差し上げます。)
 電子メールアドレス : rakugo@miura-re-design.com

 

※終演後は希望者の方と駒次さんを囲んで打ち上げをします。木戸銭とは料金は別になります。場所は、神社近くの小料理屋「さより」です。小さなお店なため、人数には限りがあります(20数名程度)。ご希望の方は、お早めにお申し出ください。